キウイの苗を植える

 コメリにて、キウイの苗を購入しました。オス、メス約2,000円弱で売っており、かなり他の果樹に比べると高いなと思いました。

 もともと、キウイの根がはびこっている場所がありました、しかし、かなり手入れがされておらず、草ボーボーのつるがガンガン伸びていました。

 周辺も竹がなっており、草を刈るところから始めました。

 倒木などもあり、そのあと焼却しました。焚き火で燃やし、遊びでさつまいもをアルミで巻き火の下へ放り込んでおきました。 

 ほんの僅かな時間で、あっという間にに焼き芋完成でした。アルミまで、燃えてしまうくらいの火力でびっくりしました。一部炭になっているのもあり。

 味は、最高でした。仕事の合間の休憩で、外で焚き火の周りで食べる焼き芋。格別。

 話を戻し、キウイのはなしですが。メス、オス両方で、間隔は2、3m離し植えるらしい。

 来年の5月以降夏くらいまで、待ちたいと思う。

 

 

イノシシ撲滅とチェーンソー

 木更津猟友会、木更津鳥獣被害をなくす会などあるみたいで、いずれお世話になるかもしれない。

 農作物被害を防止するための活動になるが、そのためには、狩猟免許が必要みたいだ。

わな猟免許を目指す。

 なんか、くくりわな、はこわな、はこおとし、囲いわななどあるみたい。

 申請に 1. 取得したわな狩猟免状

     2.初心者狩猟講習会の受講領収証

     3.狩猟免許試験申請費用の領収証

が必要らしい。

 試験日程が2020年度は1月末で終わっているらしい。

2021年度は12月くらいになる予定だ。しばらく待たなくてはならない。本を買って勉強しよう。

 目的は免許とって、イノシシ掴まえて、捌いて、加工して美味しい食べ方みつけたいからだ。今は食べる目的が強い。

 でも農作物被害は深刻らしい。自分も同じ体験したら、こんちくしょうとなるだろうな。知人が、明日収穫しようと言ってたのが全部荒らされたと言ってたから。

 自分の身に降りかかればなんだって嫌なもんだよね。

 それと最近、チェーンソーを100Vコンセント用の安いのを1丁買った。抜根の根切用で用意したが、練習で知人に混合油使用の本チャンので、教えてもらった。

 倒木をバッサバッサ切っていった。なんとか、扱えた。長い時間やれば何でも慣れてくる。耳栓みたいなもの、ヘッドフォンみたいな音を遮断するのはあった方がいいね。

 疲れ方が違うし、耳に不調くるらしい。早速5000円くらいの買ってみた。今度動画紹介します。 

 あと、畑耕す耕運機も、同じ日に扱った。こちらも、面白い。手で耕すより、全然楽、あんだけの面積は機械じゃないと、大変だわ。

 いろいろ新しいこと出来るようになってきてます。早く、お金に繋がることを祈って寝ます。体はすごく疲れます。たけど、なにか出来るようになるのは、すごく充実感がある。

 

 

 

プロ野球の指導者と受ける選手たち

 春のキャンプでよく、往年の名選手がコーチになったり、臨時コーチになったりというのが話題になります。

 そこで、よく聞くことがありあます。今も昔もみな同じこと言ってるなあ。

 教える側も、受ける選手のコメントも、あまりかわらないなと。

 その選手も小学校、中学、高校、大学、実業団、ノンプロなど段階をえてプロに至った。その時々の指導者の人が似たようような、同じことを少なからず伝えてきたと思う。一般の野球好きの人でさえ、テレビを通じて聞いて知ってるようなことばかり。

 選手のコメントで、初めて聞いたかのような、リアクション、特別に感じたみたいな。そんなこと、今までもあったんじゃないの。

 別にそんなこと、選手だって知ってるでしょう、できてないと言われれば、わかりましたと言わざるをえないみたいな。

 なんか、コーチも何したらいいのかわからないけど、教えてることをしていれば、周りから仕事していると評価される。のが悪いんじゃないかな。

 だまって見守ること、我慢できない、何もしていない事を評価されない。周りのことが気になっているのが日本の風潮じゃないかな。

 

ある夏の夜

 秋田の夏も今ほど熱くはなかったが、四季の中では当然、「 もあーっ 」としてた。

高校の3年の夏休みには5月生まれなので、すでに運転免許を取得してた。

家に車はなかったので、近所の人に借りた軽トラック、親戚のうちの古いセドリックなんかを数回乗っていた。友人のお父さんのセダンタイプの車も一度ドライブで使わせてもらった。ドライブといっても、8kmの距離を男友達と往復するだけ。

 あの当時コンビ二もなかった。ただ、1軒、24時間営業の自動販売機が何台か置いている小屋がたむろする場所だった。

 母親のパッソーラを借りて、黒の半キャップ、だてめがねをかけて夜、真っ暗でほとんど灯りのない道を走って家に帰ってた。友達の家に行った帰りの道は、本当に何かでてくるんじゃないかなってぐらい、怖い道のりだった。今現在も、風景はほとんど変わらない。実際すごく昔、きつい長い上り坂の別れ道の方で、自殺した人がいた事をその当時聞いていた。

 そんなんで、夏休みも夜、友達と遊んでいた。友人が、ジョグというスクーターを買ってもらったというので、集まっていた。その彼の家ぐらいだな、新車のバイク所有してたのは。自分には、買ってもらうということが、ないと決めていたので、そんなに羨ましいとも思わなかった。

 そのバイクをみんなで順番に、借りて試走して遊んでた。田舎の夜の道は車はほとんど通っていない。私の番になり、運転したが、ちょっとアクセルの加減がわからなかった。

 多分両親から買ってもらった、納車したばかりの新品のジョグが自分ではなく、貸した友達によってバタンとウィリーした後無残にも、道路面にたたきつけられてしまった。

 地面にたたきつけられた、バイクももちろん、こけて恥をさらした私も、痛打で体も

ガシガシになった。

 バイクの持ち主だった友達に、何も言えなかった。謝ったのか、どうかも、覚えていない。ただその後(高校卒業後)の付き合い方をみれば私は何も言っていなかったのだろう。別に病院に運ばれたわけでもないが、また真っ暗な道を自宅に向けチャリンコをこいでいった。今でも、ちゃんと謝りたいと思っているが、達成できていない。

 私が30歳頃、帰省しているときに彼も在宅してると聞いたときがあったが、多分やんわり断わられてたと記憶している。それ以来、連絡をすることはやめた。

 わたしの中で、ずーっと抱えこんでいる懺悔の1つだ。50歳になったが謝罪したい気持ちは残っている。いつ、叶うか、叶わないか、わからない。

 自分がつくりだした、結果だ。受け入れなけらばならない。

 ただ、その事をどう変えて(行動)いけるのかも、自分自身のこころの持ちようだと思う。

 

 

 

 

 

人生100才としたら、ちょうど半分50年

別に今日が誕生日でないが。 

 50年(50才)経って今何思う。

 こんな言葉、私が言ったらなんか変な感じでしょうか。

 この歳になってきて、たまに少し感傷に浸ってたりします。

 

 やっぱり、時間が空いたりすると、前(未来)を見ないで過去の事思い出しますね

よくないことかもしれませんが、。

 一生懸命ガムシャラに仕事してたら、紛れるんでしょうね。最近は、妻とも随分長い時間いることが多いので、よくいろんな話ししてます。一人だと、なおさら、考え込む

んだろうと思う。

 思うんですよ、人との出会いというか、つながりとか、あの人とあのひとなんて。

 生まれてから、今まで何人とあって来たかなぁなんて。友達、知人とか全然多くないので、多いとか少ないとか、構わないんです。

 周りの環境で、人生ってかわりますよね。やっぱり、悪い人の中にいたらそうなっていくだろうし、良い人とあっていたら良い人生にいくんじゃないかな。なんて。

 秋田での18年間、高校までは、本当田舎のあんちゃんでした。戻れるんなら戻りたいですね。今でも思い出しますよ、小学4年くらいの夏休み前の午前で終わり、下校途中、雲一つない真っ青な空、輝く太陽の光を眩しそうに上を眺めた、その瞬間のこと。

 「 明日から夏休みだぁ〜何しようっかなぁ 」なんて。でも別に予定なんて何もあるはずはなく。父がその年の春3月、亡くなっており、子供だったから、その悲しさも十分理解しておらず。

 でも、その空を今でもはっきり覚えている。なぜだか、清々しく、ほんの少し明るい感じがしたからかもしれない、ほんの一瞬。その後一人、ぺたぺた家に帰る。

 

 

 

抜根のお仕事完了

 今日、やっとこさあるお宅の抜根作業終わりました。

計4本の根を抜きました。円周60cmから100cmぐらいのが2本づつ。

他、以前の切った株を4、5本細いやつ。その後ふかすというか、耕す感じでならして終わり。

 2mの単管パイプを3本買い、タコマンの三脚ヘッドを買い、1t用チェーンブロックを買い、水道管用の細いスコップ等も買い、いろいろ準備し、望んだ。

 最初2.5mの単管パイプを買ったが、長すぎて一人ではタコマンの三脚ヘッドを付けた後立てかけるに危ないと思い、やめた。狭いとこだとなおさら危ない。

 速攻近くのコメリに行き、2mにした。2.5mは中古のを買ったので、1本750円くらいだった。それもそうだが、タコマンの三脚ヘッドも重いわぁ。2.0t用なのもあるが、1.0t用でよかったかなぁと後悔した。

 やっぱ、扱えないと意味ないなと。

 それより、なにより、チェーンブロックを買うつもりが、1.6t用のレバーホイストを間違って買ったことが、お金的に、時間的にもったいないことをした。

 買う際見てはいたものものの、大丈夫使えるよね、と思っていたら、使い方ちがうじゃん。やっちまったなぁ〜。かみさんに怒られる。

 単管パイプの三脚部足が、地面に埋まっていくのは、防がないといけない。

ベースを何か広い板で作るとか、短い単管パイプで止めを作っておくとか。

 大地に根付いた頑丈な根っこを切るのは大変、抜くのも体全身のちからがないとだめすな。

 そして最後に片付け、疲れた体にまたこたえる。先程紹介した器具などが重い。

 サラリーマンは基本8時間だけど、これ8時間ずーっとはきつな。実労働時間は、短いけど、体の疲労具合は同じくらいだ。

 体つかう仕事はやめて〜と思っていたと、以前も書いたけど、しばらくこんな感じでやっていくことになりそうだ。

 まあ、今を生きていこうと、その瞬間その瞬間を全力で行きたいと思う。

 

需要と供給

 皆さんお疲れ様です。

 今日は、Web面接ということで1件LINEのテレビ電話でお話しした。

 亜細亜教育というところで、求人があったので応募していたが、春節終わりの今日行われた。相手の電波状況がよくなく、何度か中断しての面接になった。

 結局、4月以降に必要ということなので、しばらくは働けそうになく。又、近くなっったら連絡もらうことになった。

 コロナの影響で、研修者の入国が伸び伸びになってること。緊急事態宣言の後、どのようになっていくかも見えず。

 なかなか、採用する側も難しところであった。

 この世の中、需要とバランスの兼ね合いがあえば、なんでもうまくいくのかな。

 明日も、抜根に力を注ぎます。